メニュー
現在、日本の公式サイトのアップグレード・メンテナンスが完了しました
通貨: 円
0

カート

ロード中
ホームページ>ストーブテント>すべてのホットテント>Pomoly MANTA ワンポールテント 煙突穴付き(2-4人用)
Pomoly MANTA ワンポールテント 煙突穴付き(2-4人用)

Pomoly MANTA ワンポールテント 煙突穴付き(2-4人用)

円 32999
色(Color)
緑(Green) ブラウン(Brown)
内部のテント(Inner Tent)
フルメッシュインナーテント(Full Inner Tent) ハーフメッシュインナーテント(Half Inner Tent) 二つとも必要です(Both Two Inner Tent) なし(No)
  • 詳細
    • 【新しいワンポールテントのデザイン】テントはもっと大きな日よけの空間があります。底に通風口が二つあります。トップの通風口の紗網デザイン。
    • 【300D 断熱シートを施したオックスフォード生地】
    • 防水性、耐摩耗性、耐引裂性の優れた生地を使用しています。テントを暖かく守ります。
    • 【ストーブジャック装置】テントの中で煙突が使用できるように耐火素材のストーブジャック(煙突穴)を設けています。
    • ※標準配置ですので別途購入する必要はありません。
    • 【スカート付き】外気の侵入を防ぐテントスカートを装備しています。石や土を乗せてテントを安定するようにデザインしています。
    • 【30日間返金保証】Pomolyのテントは厳しく品質管理の上に製造されています。通常使用において製品に不備があった場合30日以内であれば全額返金致します。
    • 【送料無料】
    • 全商品、日本までの送料は商品代金に含まれております

    注:納期調整のお知らせ
    在庫があります。納期予定:3-5営業日間
    全世界まで送料無料!


    POLOLY MANTAホットテント2021

    煙突穴付きのキャンプTipiテント




    2021年MANTAの改良:
    1.布地は銀めっき300 Dのオックスフォードの上で改善して、元の特性を維持しながら、布地を更に柔軟にします。新材料はより良い靭性を持ち、テントの耐裂性を高めています。
    2.直径28 mmより硬いアルミ合金のポールを使って、強風で折れないようにします。元の1本は25 mmの鉄製テントポールです。
    3、煙突穴は分解できないから分解できるようになりました。材料は高温に耐える性能の良い材料に変えます。
    4、テントの縫製技術と防水ゴムの処理技術を改善しました。
    5、より軽く、より硬いアルミ合金のテントペグを使用します。







    前のドアを支える時、MANTAの名前はここから来ます。前のドアはマンタのひれのように、日光や雪から守ることができます。大きな内部空間はマンタのような大きな口で、最大5人まで同時に収容できます。MANTAのホットテントはシェーディング式のデザインを採用しています。一つのドアか二つのドアを巻いてもいいです。新しく設計した上部の網状天窓はテント本体と結合し、内部の通風を維持し、昆虫の侵入を防ぎます。底の2つ月の形の通風口は内部の空気の流れを速くします。ストーブをテントの中で使うと、最大の通風率を維持し、一酸化炭素がテントの中に蓄積されるのを防ぐことができます。私たちは虫が嫌いな人のために、メッシュインナーテントを用意しています。子供を連れて庭で一日を過ごすのにもいいです。






    製品仕様


    収納人数 3-6人用 
    煙突穴 耐火素材
    スノースカート 6面スノースカート 
    出入り口 2か所 
    テント素材 シルバーコーティングされた
    300Dオックスフォード 
    防水処理 耐水圧3500mm+防水シーム 
    床の形状 6角形  
    辺長  210 cm 
    高さ  259 cm 
    重さ 7.6 kg 
    内部のテント あります/ない (オプション) 
    防水 防水シーム処理 
    換気 天井およびボトム 
    収納サイズ  63×63×15cm  
     緑/ホワイト/ブラウン
    使用シーズン 
    4シーズン
    (特に冬季使用に優れている) 
     



    ストーブテントの煙突口をどのように正確に使いますか?

    1.テントの安定を確保する

    テントを張る時は平地を選んで、テントが十分に安定していることを確認してください。特に風が吹いてくると、テントの布地は風で飛ばされようにを確保してください。

    2.ストーブと煙突の安定を確保する

    テントの中でストーブを固定する時は、ストーブと煙突間の安定的な接続を保つように注意しましょう。風のある天気でストーブテントキャンプをする時は、煙突の上にスパークアレスターを使って、縄を使ってストーブの煙突を固定して、ストーブの管が揺れないようにしてください。


    3.煙突を煙突穴の真ん中に置く

    煙突穴のストーブジャックをよりよく保護するために、私達はそれを使う時、煙突穴の中に置くべきです。これは、煙突とテント生地の接触を減らすだけでなく、製品の寿命を増やすことができます。

    4.木の枝で煙突とテントの煙突穴を分ける
    実際にテント使用をテスト時に、煙突とテント煙突穴の間に枝を置くと、彼らの間の接触を効果的に減らすことができ、テントの煙突口を保護することができます。

コピーおよび社会的なネットワークでこのリンクを共有し、または友達に送る

コピー

あなたにオススメのアイテム

お問い合わせ

日本語のお客様(おすすめ):

[email protected]

Twitterの連絡:

twitter.com/Pomoly_jp

私たちのコミュニティに参加する
購読する